FC2ブログ

2013年01月の記事一覧

恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。

月別アーカイブ:2013年01月

2013年01月の記事一覧。恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。
No Image

未分類
アラフォー女子? 性別の耐えられない重さ 東洋経済オンライン 1月21日(月)13時30分配信 写真を拡大 写真を縮小 ...

記事を読む

No Image

童貞と美女
童貞と美女というと「あり得ない組み合わせ」と思っているなら、とても大きな勘違いをしているかもしれません。特に自分自身が童貞で「自分にはあり得ない」と思ったとしたら、そこで諦めていますよね?よく高嶺の花と言いますが、男性は美女を「モノにしたい!」ではなく、諦めてしまう傾向があるのです。だから、知的な女性や美女と言われる女性は独身が多いのです。実際に周りを見渡してどうでしょう。「○○さんってモテるよね?...

記事を読む

アラフォー女子? 性別の耐えられない重さ



アラフォー女子? 性別の耐えられない重さ


東洋経済オンライン 1月21日(月)13時30分配信




















写真を拡大
写真を拡大


アラフォー女子? 性別の耐えられない重さ



写真を縮小
写真を縮小


アラフォー女子? 性別の耐えられない重さ

アラフォー女子?性別の耐えられない重さ




■ “女子”を名乗るという、ごく自然なこと



 女性同士が集まって会食する「女子会」や、女性としての能力の高さを表現する「女子力」など、近年、女性が自分たちのことを“女子”と表現しているのを、しばしば目にします。



【詳細画像または表】



 そこで問題(? )となるのが、この用語の適用範囲。



 繊細でデリケートなハートを持つ現代の男性の中には「アラフォー女子の正しい婚活」といった用法を目撃してしまうと、



 「40歳にして“女子”とは何事か。BBA(ババアを意味するネットスラング)がおこがましい」



 と悲憤慷慨してしまう人もいるようです。



 しかし私は今の世の中において、女性が自分たちのことを“女子”と呼ぶようになったのは、ごく自然の流れではないかと感じます。





■ 「男は外に出て働き、女は家を守る」 それが、とうの昔のファンタジーになった現代だから…



 現代は、スマートフォンの普及に伴い「いつでもどこでもネットに接続している」という社会を実現してしまいました。そしてそのネットに接続された人々がいざ何をやっているかというと、電子メールのやり取りや、SNSへの投稿など“他者とのコミュニケーション”です。その情報量は史上最大。



 しかしその一方で、アナログ的なコミュニケーションが希薄になる風潮も、同時に見られるようになりました。



 たとえば音声コミュニケーションである電話の通話料金支払額が以前の3分の1に減ってしまったのはよく指摘されるところです。



 また対面での接触を美学としてきたメディアの世界でも、「とうとう校了まで著者と直接会うことなく終わってしまった」という事例が聞かれるようになっています。特に若い著者の中には、直接会うなんてもってのほか、電話での打ち合わせすら厳しく、連絡はメールのみを指定するという人も見られます。



 このような「デジタルのコミュニケーションが活発になる一方で、身体的な接触《コンタクト》が希薄になってしまう」という傾向について、大阪大学のロボット工学者、石黒浩教授は、



 「人間は、肉体から解放されるのが早すぎた」



 と指摘していました。



 よいか悪いかはともかく、私たちはこうした時代を生きている。そしてこの時代を生きる現代人にとって、究極の身体性である性別の看板を常時掲げているのは、おそらくちょっと重いのではないかと感じます。



 時には性の看板をしまって、気楽な時間を過ごしたいのが、現代人ではないでしょうか。



 たとえば、女性だけが集まる「女子会」では、異性の目線を気にする必要はないわけで、きっとそれはくつろぐものなのでしょう。



 「女子」という用語には、“性”に、ちょうどよい感じの曖昧さを醸し出す効果がある。これが現代人の心境にマッチするのだと思います。



 もしこれがむき出しのままの「女」であったらどうでしょうか。



 「40歳女の幸福をつかむ結婚道」



 「40歳から極める女の美顔術」



 重い!  重すぎます。



 何かこう、必死な感じがして男の私から見ても重いです。



 しかしこれはひとごとではありません。「男は外に出て働き、女は家を守る」などという家庭観がとうの昔のファンタジーとなった現代において、私たち男も「男らしく生きろ」「男の生き様を見せてみろ」などと言われるといかにも重い。「もう勘弁してください」と感じてしまいます。



 私などは、もはや男の看板なんてなるべく控えめにして生きたい。その意味において、いわゆる「草食系男子」の登場は、いろいろと時代の最先端だなと思います。



 撮影:今井康一



 【初出:2013.1.19「週刊東洋経済(LINE大爆発! )」】



 (担当者通信欄)



 “女子”のなんたるか。実は、よくわからなかったりもしますが、まさにこの曖昧さにこそ心地よさがあるようにも思います。女子というくくりだと、普段誘いにくい人にも声をかけやすくなったり。また、「女子力高い! 」、「ステキ女子! 」のカジュアルな褒め言葉としてのすばらしい使い勝手。担当者も「後姿が女子力高い! 」と言われた際、なんのこっちゃと思いながら嬉しく感じたものでした。



 さて、堀田純司先生の「夜明けの自宅警備日誌」の最新の記事は2013年1月21日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、65歳定年の衝撃)」で読めます! 

【努力は才能を凌駕する。AKB48と「和の心」】

日本のアイドルの複雑なあり方と、その伝統を究極まで突き詰めたAKB48から、私たちの「現実世界」を考える! 





堀田 純司







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130121-00012552-toyo-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します



多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

童貞と美女

童貞と美女というと「あり得ない組み合わせ」と思っているなら、
とても大きな勘違いをしているかもしれません。

特に自分自身が童貞で「自分にはあり得ない」と思ったとしたら、
そこで諦めていますよね?


よく高嶺の花と言いますが、男性は美女を「モノにしたい!」ではなく、
諦めてしまう傾向があるのです。

だから、知的な女性や美女と言われる女性は独身が多いのです。

実際に周りを見渡してどうでしょう。


「○○さんってモテるよね?」と言われている美女には彼氏がいない、
社内で話題の美女には彼氏がいないということはありませんか?

自分に相応しくないと思ってしまえば諦めてしまう男性が多いからこそ、
実は美女こそ童貞でも狙いやすいのです。

ちょっと可愛い、ちょっと美人ではなく、誰もが高嶺の花の美女!

そんな美女に話すなんて考えるだけでもドキドキで無理と言うなら、
まずは挨拶から始めていきましょう。

話すきっかけは些細な事、挨拶でも慣れていけば話すことができます。

一歩ずつ良い印象を与え、心の距離を近づけていきましょう!!
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 恋愛相談 - 恋愛・婚活まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます