FC2ブログ

2013年04月の記事一覧

恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。

月別アーカイブ:2013年04月

2013年04月の記事一覧。恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。
No Image

未分類
進次郎氏、結婚生活は「楽しいだろうな」 森少子化相が婚活ノススメ 産経新聞 4月12日(金)17時12分配信 自民党の小泉進次郎青年局長(写真:産経新聞)  「楽しいだろうな…」。自民党の小泉進次郎青年局長は12日、党本部で森雅子少子化対策担当相から「早くいい人を見つけてほしい。ファミリーを持ったら楽し...

記事を読む

No Image

未分類
「日本ではモテないから世界へ」12カ国で婚活した女性 女性自身 4月8日(月)7時0分配信 「仕事の先輩に『海外ではモテたんだけどな』って愚痴っていたら『じゃあ、世界で婚活してみたら』って言われて」好きになりすぎて倒れるほど思いつめたのに、日本では彼氏なし。憧れたテレビのAD仕事も、使われるだけ使われて退職。何もかもうまくいかず、希望が持てなかった中村綾花さん(32)は、「その手があるか」と日本を脱...

記事を読む

No Image

未分類
進次郎氏 「婚活」したいが… 産経新聞 3月31日(日)9時50分配信 衆院本会議に臨んだ自民党の小泉進次郎青年局長=2月26日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)  衆院選の「一票の格差」をめぐる高裁判決に、永田町は動揺が広がった。昨年末の衆院選を「無効」とする判断まで出たこと...

記事を読む

No Image

未分類
女子大生の憧れ「専業主婦」ライフスタイル別4タイプ 女性自身 4月1日(月)7時0分配信 いま、女子大生を中心に、未婚女子の間で専業主婦願望が高まっているという。20~30代の未婚女性を対象に行った調査によると、専業主婦に「なりたくてもなれない」の回答は7割に上った(株式会社ユーキャンと株式会社アイシェアの共同調査より・’10年)専業主婦願望について、『婚活』や『パラサイト』といった造語の生みの親でもあ...

記事を読む

進次郎氏、結婚生活は「楽しいだろうな」 森少子化相が婚活ノススメ



進次郎氏、結婚生活は「楽しいだろうな」 森少子化相が婚活ノススメ


産経新聞 4月12日(金)17時12分配信










進次郎氏、結婚生活は「楽しいだろうな」 森少子化相が婚活ノススメ


自民党の小泉進次郎青年局長(写真:産経新聞)





 「楽しいだろうな…」。自民党の小泉進次郎青年局長は12日、党本部で森雅子少子化対策担当相から「早くいい人を見つけてほしい。ファミリーを持ったら楽しいよ」と結婚を勧められ、独身生活の“寂しさ”をのぞかせた。



 この日、党本部で開かれた青年局の定例昼食会のテーマは「少子化」。ゲストの森氏は、合計特殊出生率が2・0に回復したとしても、日本の人口は減り続けると強調。安倍晋三首相から「少子化は国難だ」と指示を受けたことも明らかにし、結婚段階からの少子化対策の必要性を訴えた。



 昼食会終了後、小泉氏が記者団の取材に応じているところに森氏が乱入して冒頭のやりとりになったが、さすがの人気者も、担当相の勢いには圧倒された様子だった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130412-00000565-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





5月12日(日) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None

「日本ではモテないから世界へ」12カ国で婚活した女性



「日本ではモテないから世界へ」12カ国で婚活した女性


女性自身 4月8日(月)7時0分配信







「仕事の先輩に『海外ではモテたんだけどな』って愚痴っていたら『じゃあ、世界で婚活してみたら』って言われて」



好きになりすぎて倒れるほど思いつめたのに、日本では彼氏なし。憧れたテレビのAD仕事も、使われるだけ使われて退職。何もかもうまくいかず、希望が持てなかった中村綾花さん(32)は、「その手があるか」と日本を脱出した。



あまりにモテなかったからわかることもあると、彼女は「ラブジャーナリスト」を名乗り、世界の恋人たちへ取材活動を兼ねた”婚活”を開始。そして巡り巡って12カ国――ついに、無職だけど癒されるフランス男性と結婚し、現在はパリで2人で暮らしている。



「不安もあるけど、愛があります。東京ではいつもガツガツして、心はカラカラ。平均的でなければ生きていけない気がしていました。でも、彼と出会って満たされました。私って、こんなにボーッとしていたの? と思うくらい。私の幸せは、彼と一緒に生活すること。お金がないのは不便だけど、不幸じゃない」



とんがっていた大学生時代、ボロ雑巾のAD時代、モテ女を追求した婚活時代の彼女は、どの写真を見ても表情が硬い。



「日本にいたときは、鎧を着た状態でした。日本にいると、自分からそうなってしまうんです。人と違うことではじかれてしまうから。でも、これは(中学時代に)いじめに遭ったことも原因かもしれません」



彼女が発見した「幸せは自分で決める」という金言は、目新しいものではない。しかし、それに気づけないほど、現代日本の若者は将来の不安と不満、閉塞感に苛まれ、横並びを意識しすぎてきゅうきゅうとしているのだろうか。



「日本という島国で生活することで苦しんでいる人に、外の価値観や出来事を伝えたい。そこで何か気づいて、幸せに近づいてもらうために、私は発信しているんだと思います。と、偉そうに言っていますが、正直、仕事がないのが悩みです。今度は生きるための『就活』が、目下のプロジェクトです!」










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130408-00010001-jisin-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





【質の高い眠りのためのハウツーガイド】最近は職場や家庭で「うつ」の問題が深刻化していますが、まだ社会では認知されてはいなくても現実的にはその根源となる「不眠体質」を、薬に一切たよることなく薬の副作用や使用をやめてからの「禁断症状」の再発におびえながらの日々の生活に終止符を打ち、「不眠」にたいする不安を取り除く方法を提案します。


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None

進次郎氏 「婚活」したいが…



進次郎氏 「婚活」したいが…


産経新聞 3月31日(日)9時50分配信










進次郎氏 「婚活」したいが…


衆院本会議に臨んだ自民党の小泉進次郎青年局長=2月26日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)





 衆院選の「一票の格差」をめぐる高裁判決に、永田町は動揺が広がった。昨年末の衆院選を「無効」とする判断まで出たことで、格差是正対策が急務に。ところが、自民、公明両党てまとめた「0増5減」案に野党は反発、第三者機関に委ねる声も出ている。自民党の小泉進次郎青年局長はこの問題について、体育系らしい国会議員のあるべき姿を披露した。



 一方で、現在の悩みも明らかになった。少子化対策に貢献したいというのだが、障害が高いようで…。(山本雄史)



■28日午後、衆院本会議終了後(国会内)



 --政府の衆院選挙区画定審議会が本日、「0増5減」の区割り改定案をまとめ、安倍晋三首相に勧告する



 「これ(0増5減)は、約束ですから。仮に弥縫(びほう)策というか、修正にしか過ぎないという批判があったとしても、それが一歩前へ進むようなものであればね。それはやろう、と。それで進めたうえで、抜本的に本当に信頼を得られるような制度をつくっていかなきゃいけない。そういうことだと思います」



 --さきほどの自民、公明両党の幹事長会談で、「0増5減」を先行させる方針が確認されたが、野党は反発しており、法案成立の見通しは立っていない



 「この議論で必ず出てくるのは、国会議員じゃ決められないと。だから、第三者委員会みたいものに投げてね、そっちでつくってもらったものを国会議員が追認するという形の方がいいんじゃないか、という議論が出てくると思うが、私は楽な道は選ばないで、厳しい道で、お互い殴り合いみたいなね。そういう議論になると思うが、缶詰めになって合宿してでもね、選挙制度は国会議員で決めようと。知恵絞って汗だくになって。最後はいろんな思いがあっても、俺たちでこれを決めたんだと、そういう姿を見せるべきだと思いますね」



 --このまま野党の同意が得られない場合、区割りを見直す法案を衆院の3分の2で再可決するということも選択肢に入ってくる



 「当初、民主党は3党での合意を得ているんですよ。だとしたら、仮に、それを民主党がダメだというのならば、あの3党合意はなしにしましたと、潔く宣言してほしいですね」



 「そういったことなく、態度を変えるというのであれば、なかなか、いくら党首が替わったとはいえ、与党から野党に替わったとはいえ、理解は難しいんじゃないですか」



 --今日の与党案に対し、民主党は小選挙区で30、比例代表で50削減する新しい案を出してきた



 「そもそも、今の現行の選挙制度の『敗者復活あり』という、これ自体、私としてはおかしいと思ってますから。まあ、わかりやすい形にいくのであれば、各党、いろいろと話し合いをする余地はあるんだろうと思いますけど、現状をみていると、(法案が)通らないとわかってて、一応出そうとかね。そういったことじゃ、まとまらないので。だからこそ、第三者委員会という話が出てくるんだと思いますよ。もう国会議員じゃ無理だと」



 「でもそこで、じゃあ、第三者委員会よろしく、とやるのは、国会議員の逃げだなと。安易な道に進むんじゃなくて、厳しい道で、おそらく、敵も作るし、批判も受けるし。誰もがハッピーになる案なんて絶対つくれないけども、これは俺たちの手でつくろう、という機運を生まなきゃいけないんじゃないかと思いますね」



 --時間がかかっても国会議員で決めるべきだと



 「今、いろんなところで、違憲、無効の判決が出ているが、衆院でこれで違憲や無効であるなら、参院は格差5倍だ。違憲無効どころではない。だけども、数カ月後にはその参院選がくる。そういった段階を、時期的なものをみると、とりあえず、目の前で進められるところは前に進めて、抜本的に、本当にやることは、ある程度、時間を取るべきだと思うので、そこはタイミングみた方がいいんじゃないですかね。早く手をつけて、工程表をつくるなりしてね。ここからここまでちゃんと議論して決めようと。そこで決められるかどうかが、政治の信頼の、ひとつの判断にかかるんじゃないですか」



 --森雅子少子化担当相が「結婚」「出会い」のステージからの少子化対策に着手した。どう受け止めるか。小泉氏は31歳だ



 「独身として?(笑)」



 --はい



 「これは、森担当大臣の発案、大賛成です。小渕優子先生が少子化担当相のときから、実は少子化対策は、子育ての前の、『結婚』からしっかり考えなきゃいけないというのは、流れとしてはあった。これは、そういった自民党の今までの少子化政策、この取り組みのひとつの発展形だと思う」



 「それに加えて、自分自身の立場も踏まえていうのであれば、本当に国会の中は出会いの場じゃないですから。出会いがあっても国会じゃ嫌ですからね。家の中まで議論したくないからね。というと、あ、(議員同士で)くっついてる方も結構いますね。大変だな~。僕はそれはないですね」



 「そういった中で、延長線上の対策では、もうこのままじゃ、国の形がちょっと崩れちゃいますからね。菅義偉官房長官が記者会見で、出生率の数値目標ということも。これは官房長官というよりも、菅議員としての思いだと思うが、私は賛成だ。それぐらい、おそらく相当、軋轢(あつれき)あると思いますけど、それぐらいボールを投げていかないと、ちょっと変わらないんじゃないですか」



 「2040年、二つに一つの自治体が高齢化率4割という世界ですから。現実にそうなっている自治体も、全国回ってる中でみてますからね。これじゃあ、このままいかないですよ。まさに、この少子化問題というのは、選挙制度と並んで日本のこれからを論ずる大きなテーマ。この問題、自民党、安倍晋三政権、大胆に踏み込んでほしい。応援したいと思います」



 --青年局の議員は独身率が高い。まずは青年局から少子化を克服するのはどうか



 「ねえ、本当にそうやっていかないといけないんですけどね。みなさんの監視が、もう少し緩ければね。楽なんですけど。今は大変ですねえ。ツイッター、フェイスブックもあって、ひとりひとりがマスコミみたいなな感じだから。それを、どうかいくぐって、少子化を堂々と語れる立場になれるかね。これが、一番時間かかるかもしれませんね。はい」










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130331-00000509-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





おうちでブックカバー!シリーズ「Simple01」


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None

女子大生の憧れ「専業主婦」ライフスタイル別4タイプ



女子大生の憧れ「専業主婦」ライフスタイル別4タイプ


女性自身 4月1日(月)7時0分配信







いま、女子大生を中心に、未婚女子の間で専業主婦願望が高まっているという。20~30代の未婚女性を対象に行った調査によると、専業主婦に「なりたくてもなれない」の回答は7割に上った(株式会社ユーキャンと株式会社アイシェアの共同調査より・’10年)専業主婦願望について、『婚活』や『パラサイト』といった造語の生みの親でもある、中央大学文学部教授の山田昌弘さんはこう解説する。



「女子学生の専業主婦願望は高まっていると思います。ただし、その多くは高収入の男性と結婚していい生活をしたい、キツい仕事から逃れたいというもの。経済格差が拡大し高収入の未婚男性は減少しているので、理想と現実は一致しません。ずっと実家にパラサイトをして理想の人”待ち状態”になるケースもあります」



今回、そんな女子大生が憧れる専業主婦をライフスタイル別にご紹介。



【セレブ系・サロネーゼ主婦】

夫か、実家がお金持ちで働く必要のない主婦。エステやネイルなど美容に余念がないので見た目より若く見える。夫婦で並ぶと娘みたいに見えたりするケースも。自宅を改装して料理教室を開いてみたり、輸入品を扱うショップを開店させる『サロネーゼ』として起業し、赤字になっても、のほほんとしているタイプ。



【深窓系・ナイーブ主婦】

お嬢様短大や、有名企業のOL経験がありバブルを謳歌している世代も多い。プライドが高く傷つきやすいので、たとえ夫の収入が下がっても気軽にパートに出られない。素敵な仕事ならしてみたいという願望も。家はいつもきれいでおっとり。



【アカデミック系・教育ママ】

子どもの教育、進学、就職が命なので自分のことはさておき、子ども漬けの毎日を送るママ。自分は贅沢をせずひたすら子ども中心で、お弁当作りは欠かしたことがない。家でできるパッチワークや刺繍などの趣味を持っていたりもする。



【ヤングカジュアル系・ロハス主婦】

比較的若い世代に多く、収入が少なくても物欲があまりないので平気。マイペースでブランド物には興味がなく、ユニクロなどファストファッション系。100均の常連で何かしらひと工夫やオリジナリティのあるアレンジを加えて使うのも得意。



専業主婦に対する優遇措置である配偶者特別控除の廃止が取り沙汰されたり、控除の壁も年々縮小傾向になるなど、社会全体が働くことを推奨する風潮も強い現代。だからこそ、『絶滅危惧種』といわれるほど減少傾向にある専業主婦に憧れる未婚女性が増えているのかもしれないー。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130401-00010001-jisin-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





【「セルフヒーリング」ハウツーガイド】自己治癒力を最大限に高めて、薬や治療に頼ることなく、薬の副作用や再発におびえながらの日々の生活に終止符を打つ方法を手に入れることができたら…もし、ここで紹介する方法で心と身体、両方の健康を手に入れることができれば、日々の不安や、やる気がなかなか起きないという倦怠感から逃げ出すことができます。


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 恋愛相談 - 恋愛・婚活まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます