FC2ブログ

2013年05月の記事一覧

恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。

月別アーカイブ:2013年05月

2013年05月の記事一覧。恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。
No Image

未分類
勝谷誠彦「家族が大事」のプロパガンダが「犯罪一家」を産む NEWS ポストセブン 5月15日(水)7時6分配信  時とともに変わってくる“女の事件”。1970年代早々に起きた、女性が絡んだショッキングな事件といえば、連合赤軍による『連合赤軍リンチ殺人』(1971~1972年)だろう。コラムニストの勝谷誠彦さんはこう分析する。「その当時の女性犯罪には左翼の政治的な事件も多かったんです。左翼というのは男っぽい集団のイ...

記事を読む

No Image

未分類
景気が良くなると婚活も活発に 一方で高望み傾向も〈AERA〉 dot. 5月8日(水)7時11分配信  アベノミクスの影響で、人々の消費マインドに変化が出てきた。不動産も車も買わない「嫌消費」世代とも称される不況ネイティブ世代も、アベノミクスでざわつき始めている。 アエラが20~30代の男女500人に行ったアンケートを見ると、「少し」も含め23%がアベノミクスで景気がよくなったと実感し、33%が将来も「明るく...

記事を読む

No Image

未分類
シングルマザーにも出会いを! =参加者限定婚活パーティー―愛知・豊川市が後押し 時事通信 5月4日(土)15時15分配信  子育てや仕事で忙しく、出会いの機会が少ないシングルマザー限定の婚活パーティーが、6月に愛知県豊川市で同市後援で開かれる。行政が出会いをお膳立てする婚活イベントは最近多いが、シングルマザー限定は珍しい。締め切りを前に定員を上回る応募があり、担当者も驚いている。 豊川市が母子家庭...

記事を読む

勝谷誠彦「家族が大事」のプロパガンダが「犯罪一家」を産む



勝谷誠彦「家族が大事」のプロパガンダが「犯罪一家」を産む


NEWS ポストセブン 5月15日(水)7時6分配信







 時とともに変わってくる“女の事件”。1970年代早々に起きた、女性が絡んだショッキングな事件といえば、連合赤軍による『連合赤軍リンチ殺人』(1971~1972年)だろう。コラムニストの勝谷誠彦さんはこう分析する。



「その当時の女性犯罪には左翼の政治的な事件も多かったんです。左翼というのは男っぽい集団のイメージがありますが、実は男がとても幼児的。実質支配していたのは女性だったといっていいでしょう」



 さらに、勝谷さんは続ける。



「元日本赤軍が起こした数々の国際テロの陰には重信房子がいたし、連合赤軍の女性同志に対する冷酷さを見る限り、同性である永田洋子が中心だったのは明らか。“総括”という名のリンチの理由にもなった、恋愛禁止だとかおしゃれは風紀を乱すなんて、男の発想じゃないですよね。



 森恒夫と永田洋子の独裁による犯行といわれたけれど、永田が脳腫瘍を患いながら獄死するまで再審請求を続けたのに対し、森は初公判の前に罪の重さに耐えかね、逮捕されて1年も経たずに独房で自殺した。男の弱さの表れです」(勝谷さん)



 1990年代以降で興味深いのは、事件がひとつ露見すると似たような事件が一気に噴き出してくる点。



「監禁連続殺人も、婚活連続不審死も、なぜか重なる時期に起きている。また、これらは女性の人脈というのが犯罪のキーワードではないかと思うんです。加害者が女性だから、あるいは女性が安心させる役割を果たしているから、被害者は安心してしまう。そういう落とし穴が見えます」(勝谷さん)



 2000年代に入ると目につくのが、ネットを介して犯罪が生まれていることだ。



「ぼくはネット出会い系殺人とでも呼びたいけれど、女がネットで男と出会い、売春や詐欺、ひいては殺人にまで行き着く。地方では特に顕著ですが、人間関係過疎なんですよ。個で、あるいは家族単位で孤立して、犯罪にかかわってしまう。



 実は家庭内というのも現代の犯罪のカギで、いまは家族第一、絆を壊さないためにといって、結局、身内で事件が起きる。本末転倒なんだけど、朝日新聞とかがあまりに“家族は大事”とプロパガンダするからこうなるんじゃないですか。家族を軸にした事件は、非常に21世紀的ですね」(勝谷さん)



※女性セブン2013年5月23日号










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130515-00000005-pseven-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





X-day225


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None

景気が良くなると婚活も活発に 一方で高望み傾向も〈AERA〉



景気が良くなると婚活も活発に 一方で高望み傾向も〈AERA〉


dot. 5月8日(水)7時11分配信







 アベノミクスの影響で、人々の消費マインドに変化が出てきた。不動産も車も買わない「嫌消費」世代とも称される不況ネイティブ世代も、アベノミクスでざわつき始めている。



 アエラが20~30代の男女500人に行ったアンケートを見ると、「少し」も含め23%がアベノミクスで景気がよくなったと実感し、33%が将来も「明るくなる」と回答した。「貯金額を増やした」「外食が増えた」などアベノミクス後、何かしら生活を変化させた人も約2割いる。「貯金以外の金融資産に興味がある」という人は、「非常に」「まあまあ」を合わせると50%強にものぼる。そのほか、「辛気くさい雰囲気が払拭された」(34歳女性)とムードの好転を歓迎する声や、「解雇が容易になることはメリット」(28歳男性)など労働市場の流動化に期待を寄せる声が多かった。リクルートワークス研究所の調べでは、中小企業の求人倍率を大企業の求人倍率で割った数値が4年ぶりに増えた。「こんな機会だから大きい会社に」と考える学生が増えたということのようだ。この流れが続けば、いよいよ嫌消費世代も消費に回る、と思ってしまいたくもなる。



 景気が良くなると婚活意欲も高まるらしい。結婚相談所「アルパ青山」代表の小山礼子さんは、「景気と恋愛意欲は比例します。ただ、男女ともに『もっといい人がいるかも』と高望みになるので成婚率は下がりますが」と話す。



※AERA 2013年5月6日・13日号



    










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130508-00000001-sasahi-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





ひとり家庭の養育ノウハウ


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None

シングルマザーにも出会いを! =参加者限定婚活パーティー―愛知・豊川市が後押し



シングルマザーにも出会いを! =参加者限定婚活パーティー―愛知・豊川市が後押し


時事通信 5月4日(土)15時15分配信







 子育てや仕事で忙しく、出会いの機会が少ないシングルマザー限定の婚活パーティーが、6月に愛知県豊川市で同市後援で開かれる。行政が出会いをお膳立てする婚活イベントは最近多いが、シングルマザー限定は珍しい。締め切りを前に定員を上回る応募があり、担当者も驚いている。

 豊川市が母子家庭を対象に行ったアンケートで、「将来のため結婚したいが、出会いの場がない」との声が多く聞かれたのがきっかけ。成果が明確に現れにくいため市の事業として予算化するのは難しく、母子家庭の支援をしている社会福祉法人に開催を依頼、市は後援に回ることになった。

 参加には、女性は市内在住で18歳以下の子どもがいるシングルマザーであることが条件。年齢は問わない。男性は相手に子どもがいることを受け入れられる25~55歳の独身であること。シングルファザーも歓迎する。

 パーティーでは、参加者全員と会話し、気に入った相手と話すフリータイムや告白タイムも。男女各10人の予定だが、5月中旬の締め切りを前に既に定員を上回っており、主催者側は定員増も検討している。 










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130504-00000040-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


今回の情報は如何でしたか。

よろしければ、下記のサイトをクリックして是非訪問してください。





質の高い眠りのためのハウツーガイド


今回は以上です。

次回も最新の情報をお届けしていきます。

では、また。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 恋愛相談 - 恋愛・婚活まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます