FC2ブログ

2014年06月の記事一覧

恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。

月別アーカイブ:2014年06月

2014年06月の記事一覧。恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。
No Image

未分類
好意を持っている男性をあなたのほうに振り向かせたいなら30秒TELという作戦が効果です!話の区切りのよいところで相手に言われる前に自分のほうからTELを終わらせるよう伝えて下さい。もしも「え?もっと話せないの」と誘ってくるようなら、次回の約束をする。恋の最中の人は、普通よりも勉強の成績が下降する確率が高い。それには理由があって脳は左右で論理脳と感覚脳に分かれ、本当の恋をしてるときであれば感情を支配する右脳...

記事を読む

No Image

未分類
好意を持っている異性の後ろからあなたがその人の名前を呼んでみて、もしもその人が右から振り向くようなら、その人はあなたの事を異性として見ている(恋愛対象の可能性がある)証拠かも。相手が左から振り向いてしまったら、ただ単に人間として見ている(恋愛対象の可能性がありません・・・)のだ。感情を知りたい彼をラブラブにしたいと願うなら、感情を知りたい彼の60cm以内に入りなさい。「あなたのいい香り」「あなたの大...

記事を読む

No Image

未分類
男は、意思の疎通をするのが不得手な生き物。異性を「からかう」というアクションを、考えもせず選択してしまっているのがほとんど。実際のところ、からかうという選択で意思の疎通をするのが苦手な異性との交流を持つ事ができる。顔を合わせる機会が増えていくと男はあなたの事をどんどん好きだと感じるようになる。これは実証済みの女性の心理学に基づいた理論だ。短い朝のあいさつで、少なくとも1日1回は、顔をあわせよう!世...

記事を読む

No Image

未分類
有名人の結婚でも、普通の女性は外見だけではなく、内面重視の時が多いらしい。なぜならば、多くの女性にとって感情的・精神的という心の安心感というものが肝心だからです。二人だけじゃなくて出かけるときは、運転だけは間違っても譲るな!真横にモノにしたい相手を座らせて自分たちだけの場所を作ってみて!あなたの財布で支払ってもらうだけで自分と相手だけの共同作業がそこにうまれるのだ!大好きな人に告白するときは好意を...

記事を読む

No Image

未分類
熱い愛を上手にどうしても告白しなくてはとか、君の彼女に対する感情を言葉で訴えなければなんて、身構える必要などない。君自身の体全体が伝えているのが愛の告白といえる。にっこりと微笑みを向ければ、相手を手に入れたいというあなたの願いをさらりと気づいてもらえる事になるのだ。自分の彼女にしたい相手にも自分のの感情を知らせる事になり、自分の事が気になる筈でしょうね。じつは愛情が減るにしたがって珍しいオキシトシ...

記事を読む

30秒TELという作戦





好意を持っている男性をあなたのほうに振り向かせたいなら30秒TELという作戦が効果です!話の区切りのよいところで相手に言われる前に自分のほうからTELを終わらせるよう伝えて下さい。もしも「え?もっと話せないの」と誘ってくるようなら、次回の約束をする。

恋の最中の人は、普通よりも勉強の成績が下降する確率が高い。それには理由があって脳は左右で論理脳と感覚脳に分かれ、本当の恋をしてるときであれば感情を支配する右脳が主に活動しているためである。

例えば結婚前提のお付き合いのような本当にずっと女性を引き付けたいのなら、優しさもあって、賢くて、忠実、信頼のおける相手への思いやりもある偉大な父親のような男になれるか。そうすれば結婚できるに違いない。

『服を買いに行きたいんだけど、不安だから女のコからの助言がとても聞きたくて』とスマートに誘うのも○。買い物のときには、できるだけマフラーや帽子など小物選びに手伝ってもらえるならさらに素晴らしい。

親しくなりたい人につぎ込んだり(金銭的だけでなく、心や、時間)した事で、男性も女性もそうやって費やした相手を好きになる事が少なくない。そこで終わらず、否応なく好きにならざるを得なくなるに違いない!

横長のテーブルせきに座る時、まっすぐ前に座ったら、モノにしたい人と自分の前によけいな物(携帯や手帳それと水など)を置くな。さえぎる物がある事で向こう側の相手に圧迫感を与える事になると言う事。

「笑っている顔=賛同している」と言う事。相手の人の自分を認めてほしいという欲求を満足させてあげる技術である。あなたの話した冗談や話を聞いた相手が笑顔になってくれたら嬉しいのは当然だ。

情熱的な愛を如才なく何としてでも伝えようとか、あなたの燃えるような彼女への感情を言葉だけでわかってもらおうなんて、緊張する必要はない。愛する人を思うあなたの言葉だけではなく体全体が愛の告白と言う事。

「今日のは俺が払うからさ、次回は頼むね(笑)」などとさらっと言えば、女性にどうしたらいいのかなという感情を感じさせる事なく、場を和やかな雰囲気にして、もう一度の会う約束にきっとこぎつけると予想される。

気になる男の人をこちらに振り向かせるには30秒TELが非常に効果的!話の区切りがついたら先方からではなく自分のほうからTELを終わらせてしまう。そこで「短いよ、もっと話そうよ」と頼まれたら、次の機会の約束をする。これが短時間TEL。
 カテゴリ
 タグ
None

彼をラブラブにしたいと願うなら彼の60cm以内に入りなさい





好意を持っている異性の後ろからあなたがその人の名前を呼んでみて、もしもその人が右から振り向くようなら、その人はあなたの事を異性として見ている(恋愛対象の可能性がある)証拠かも。相手が左から振り向いてしまったら、ただ単に人間として見ている(恋愛対象の可能性がありません・・・)のだ。

感情を知りたい彼をラブラブにしたいと願うなら、感情を知りたい彼の60cm以内に入りなさい。「あなたのいい香り」「あなたの大人っぽいうなじ」最後に「Body touch」、三つのテクニックで攻めると◎!

「笑顔、つまり同意している」と言う事。相手の人の自分に同意してほしいという欲求を尊重して満たしてあげる高度なテクニックである。あなたのジョークや話を聞いた相手がにこに事笑顔になってくれたらとても嬉しい。

普通堅いと言われる女友達なんてものは、いいなと思うような男の人に出会っても仲間に入れてあげずに、彼とのチャンスをおじゃんにしてやろうとする時が多い。

「愛してる、愛している様だ」の裏側にはどんなときでも「愛して下さい」という意味が忍ばされている。愛の真実は慈しみあうふりをしていても、真実は奪い合うものなのである。

意中の男性を振り向かせるためには30秒TELという技がとても効果的!ちょうど良いところがきたら先方からではなく自分から「TELは終わり」と伝える。もしそこで「短いよ、もっと話そうよ」と誘ってきても、次回の約束をする。

直接顔を見る事のないSNSや出会い系サイトから出会った恋人同士の方が、体の関係に発展する期間が短い。内面から知り合うわけだから、直接に会う事になったら、感情を寄せやすい関係なのだ。

要は、空は女の恋する感情のようなものであり、海というものは男の恋に例えられる。空も海もよい事の反面の境目に極限が実在している事に気がつかない可能性が高い。

人つのこらず素晴らしいと言われる恋愛の内側には母性がある。女性らしい女性がそろって男のパワーを知ってひかれるのは男性の弱い部分を知っているから。

彼女に触れるワザ!「疲れてるんじゃない?手のひらのマッサージメッチャ感情いいんだよ!」こんな事を言いながら手をもって自然にマッサージしてあげると効果あり。そこから恋が動き出す事があるかもしれません。
 カテゴリ
 タグ
None

男は意思の疎通をするのが不得手な生き物





男は、意思の疎通をするのが不得手な生き物。異性を「からかう」というアクションを、考えもせず選択してしまっているのがほとんど。実際のところ、からかうという選択で意思の疎通をするのが苦手な異性との交流を持つ事ができる。

顔を合わせる機会が増えていくと男はあなたの事をどんどん好きだと感じるようになる。これは実証済みの女性の心理学に基づいた理論だ。短い朝のあいさつで、少なくとも1日1回は、顔をあわせよう!

世の中の男が女性に夢見るもの、一番に選ばれたのは 「優しさ」。この時の優しさは「思いやりがある」という意味。細かい行動をあげれば確実に「譲る、誉める、喜ぶ」。この3つのアクションが重要なのだ。

ムードが足りないと女性にアピールできない、そんな男はつまり“男性性”がたりない。たぶん“男性性”が強ければムードが足りなくてもガンガン攻められるし、女の人がこちらに近づいてくる。

雰囲気を作らないと女性に感情を伝える事ができないという男性は“男性性”が不足していると推察できる。もしも“男性性”が大丈夫なら雰囲気のない状態でもイケイケで攻められるし、女の方からこちらに寄ってくる。

よく使われた飲み会や合コンと呼ばれる古い呼び名は嫌になるほど使い古されて、あきれ返る。モノにしたい女性を誘いたいと思うなら『おお食事会』や『イベント』という理由を口実にしたほうが、相手も了解しやすい。

恋人をいとおしく思う感情というものは義理という関係の鎖で保たれているわけです。そしてご存じのとおり多くの人間の生まれついての性格は善ではないのだから、そんな関係は自分の勝手で迷わずたち切ってしまうものだ。

喫茶でお茶を楽しんでいるとき、「お店の中の人たちに私たちって、どんな恋人同士に見えるかな」と恋人にそっと聞いてみて。彼女のこの問いかけを聞いた彼氏は、びっくりして動揺する事でしょうね。

今までの飲み会や合コンと呼ばれる呼び方は嫌になるほど使い古されて、恥ずかしい。射止めたい女性をOKと言わせたいなら下品に感じない街コンを口実に招待したほうが、女性にしても不自然に感じない。

以前から素敵だと想いを寄せていた人につぎ込んだり(金銭的、加えて心身的、時間的)すれば人は相手を好きになる時が少なくない。好きになる、というよりもどうでも好きになるしかなくなってしまうのだ。
 カテゴリ
 タグ
None

女性は外見だけではなく内面重視の時が多いらしい





有名人の結婚でも、普通の女性は外見だけではなく、内面重視の時が多いらしい。なぜならば、多くの女性にとって感情的・精神的という心の安心感というものが肝心だからです。

二人だけじゃなくて出かけるときは、運転だけは間違っても譲るな!真横にモノにしたい相手を座らせて自分たちだけの場所を作ってみて!あなたの財布で支払ってもらうだけで自分と相手だけの共同作業がそこにうまれるのだ!

大好きな人に告白するときは好意を持った理由づけが大切。「~なので、好き」などといった好きになった理由を説明する事ができれば、いよいよ説得力さらには真実性が増すためだ。

意中の男性をラブラブにしたいのであれば、近づきたい彼の60cm以内に入るとOK「あなたの香り」と「あなたの惹きつけるうなじ」究極の「Body touch」この三つのテクニックで攻めるといい。

恋人との関係では、たとえわずかな事でも「自分のためにありがとう」や「許してほしい」とそのときの感情を率直に口に出す初めのころの感情をいい加減にせずしっかりと覚えておく気を付けるべき点。

女の人からされた同じとおりの質問を聞き返してあげない男性は女性にモテないのである。女の人は聞いた相手に尋ねた事を尋ねて貰いたくてその質問を投げかける。本人が尋ねた事では同様に質問してほしいという性質を持つ生き物。

いいなと思っている人に使ったり(金銭的、心、そして時間)したら、男も女もそうして投資した相手を好きになる時が少なくない。そこで終わらず、無理やり好きにならざるを得なくなってしまう。

実はイケメンは、「女好きそうだよね」「告白されてばっかりじゃないの」「他にいっぱい出会いあるはずだよね」というような思い込みでモテない事が多い。一般的には女性の目標から除外されてしまう事が多いという現実。

実はイケメンは、「だらしない男っぽい」「すごくモテそうだよね」「女の人との出会いいっぱいあるよね」と思われて意外とモテない。ほとんどの時は恋の対象から除外されてしまう事が通常です。

恋をしていて夢中のときは嘘を言うのは嫌いだ。時によっては本気の恋だからこそウソも存在している。罪のないウソはむしろウソをついた事で大切な人をハッピーに感じさせる時が多い。
 カテゴリ
 タグ
None

君自身の体全体が伝えているのが愛の告白





熱い愛を上手にどうしても告白しなくてはとか、君の彼女に対する感情を言葉で訴えなければなんて、身構える必要などない。君自身の体全体が伝えているのが愛の告白といえる。

にっこりと微笑みを向ければ、相手を手に入れたいというあなたの願いをさらりと気づいてもらえる事になるのだ。自分の彼女にしたい相手にも自分のの感情を知らせる事になり、自分の事が気になる筈でしょうね。

じつは愛情が減るにしたがって珍しいオキシトシンという物質が体内で作られ、分泌の影響で体が硬くなる。彼女の手を触って今までと違ってフィット感がないと感じたら恋人を愛する感情がなくなった表れなのである。

初デートのときに女性を射止めたいなら、まずはレストランの選択に欠かせないポイントがある。射止めたい女性が問題なく気に入ってくれたら、自分を褒めてくれた成功のメッセージと思うのが普通。

恋をしているときには、とっても近くに、だけどどんなに祈っても成就する事がない大きな幸せが存在するように考える。更にその幸福は、たった人つの言葉、そして人つの微笑だけに響くのである。

恋愛ができないのは、自己評価がへたくそな証明なのである。自己評価の点数が高すぎると恋に巡り合うために越えなければならないハードルを上げてしまっている。自分自身の評価が高すぎないよう注意している人は、恋人までの間にあるハードルを低くできているという現実。

初デートだけれど女性を手に入れたいなら、デートのお食事の選択に大切な意味がある。口説き落としたい女性がご機嫌で賛同してくれたら、自分を賛同してくれたサインなのであるととらえるのが当然。

悪童(悪たれ少年)理論の解説。この理論はやさしさに欠け、毎日大切なはずの恋人を乱暴に扱っているのに、まれにのぞかせるあたたかい動作にバッドボーイの恋人はラブラブになってしまうというわけなのだ。

「予定がたてこんでて」が決まり文句の女はまったくモテない。「どんなときに誘っても相手にしていられないと却下されそう」とデートしたい男性が誘ってみるのをぐずぐずしている事が多いだろう。

人の多いカフェでコーヒーなんかを飲んでいるとき、「私たち、周りのみんなにはどんな恋人同士に見えるかな」と唐突にあなたの恋人につぶやいてみよう。たぶん質問を投げられた男性は、びっくりするんじゃないかな。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 恋愛相談 - 恋愛・婚活まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます