FC2ブログ

2014年06月の記事一覧

恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。

月別アーカイブ:2014年06月

2014年06月の記事一覧。恋愛は全ての人が主役になれる人生のスパイスそんな恋愛の話題をお届けします。
No Image

未分類
初デートのときに女性の感情を振り向かせたいなら、お店の選択に気を付けるべき点がある。レストランに女性がご機嫌で受け入れてくれるようであれば、あなたを受け止めてくれたメッセージとおなじと思ってもいい。いいなと思っている人に告白するときは好意を持った理由の整理が重要である。「~なあなたを好きになりました。」などという好きになった理由をはっきりとしてあげれば、もっと説得力加えて真実性が増す時が多いので。...

記事を読む

No Image

未分類
鏡をずっと見ている男性は自分の容姿に自信がない時が少なくない。だからこんな自信のない人には自信を持てるようしっかり「かわいいよ」「いい表情だよ」と言葉で伝えてあげるのが肝心。いわゆるイケメンは実際、「軽そうだよね」「いつでもモテてるんでしょ」「いつでも出会いあるよね」と想像されて全然モテない。恋人探しをしている女性の未来の恋人から削除される事が通常です。モノにしたい相手が沈み込んでいる時はそれこそ...

記事を読む

No Image

未分類
恋人づくりにおいて欠かす事のできない大事な事がらは何ですかと知りたがっている人がいれば、私なら、チャンスを捉える事と答える。第二も同じ、第三も変わらない絶対にそれだ。行きつけのカフェでお茶とかケーキを前にして、「私とあなたって、どんな二人に見えてるのかな」と恋人にそっと聞いてみて。突然こんな話を聞かされた彼氏は、びっくりするのに違いない。よく鏡を見ているような人は自分に自信がないという時もあるみた...

記事を読む

No Image

未分類
「犬好きで犬タイプ」を自負している人は、まわりからすれば恋する感情がすごく分かりやすい人だといえます。愛する人ができた時、短期間のうちにまわりに分かってしまう事も。二人のキスの時間が短くなったと感じたら感情が離れている裏付けかも?!どんな言い訳をしても、体は本当の事しか言えません。変化を感じたら慎重に聞いてみるべき。通常女性は聞いている事よりも話役になる事が好き。女性を差し置いてやむ事なく喋り続け...

記事を読む

No Image

未分類
横長のテーブルせきの時、席が目の前なら、射止めたい人の前のテーブルの上にはよけいな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。よけいな物があるとその人にプレッシャーを感じとらせるという結論。これは注意をしましょう横長のテーブルせきの時、席が目の前になったら、陥落させたい人と自分の間にはいろんな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。さえぎる物があるとせっかくなのにプレッシャーを感じ...

記事を読む

初デートのときに女性の感情を振り向かせたい





初デートのときに女性の感情を振り向かせたいなら、お店の選択に気を付けるべき点がある。レストランに女性がご機嫌で受け入れてくれるようであれば、あなたを受け止めてくれたメッセージとおなじと思ってもいい。

いいなと思っている人に告白するときは好意を持った理由の整理が重要である。「~なあなたを好きになりました。」などという好きになった理由をはっきりとしてあげれば、もっと説得力加えて真実性が増す時が多いので。

グループでデートするなら、運転席だけは断じて譲るな!必ず隣にモノにしたい相手を座らせて自分たちだけの空間を作ってみて!あなたの財布を使ってと渡せば二人の作業がそこに生まれます。

気になる人の後ろからあなたがその人の名前を呼んでみて、相手が右から振り向くようなら、きっとその人は異性として見ている(恋愛の対象として可能性◎)のだ。もしも相手が左から振り向いたら、単にヒトとして見ている(恋人候補の可能性ナシ)と言う事です。

なるほど確かに実際に大人になって考えれば確かに絵空事かもしれない。そういわれても、そんなふうになったらいいなとか、非現実的な希望だって本当はわかってても真剣に夢見てしまうのが恋愛。

男性よ聞け、女性を自分の手で守りたいと願っているのであれば、必ず彼女の右側にいるべし!人間と言う動物は体が勝手に守らなくてはと思うものがあるとき、左手がまず動くという性質に頼るためだ。

いいなと思っている人の後ろから不意にあなたがその人の名前を呼んだ時、 もしも相手が右から振り向いたら、きっとその人はあなたの事を異性として見ている(恋愛の可能性大)かも。相手が左から振り向いてしまったら、それはヒトとして見ている(恋愛の対象としは見ていない)かも。

猫より犬が好き感情の表現が豊かな恋人が好みである。感情を込めた分同じように自分にも応えてもらえる、そんな理想の恋人がほしいと欲する時がある。

とても魅力的的に微笑む。微笑めば、相手と付き合いたいという本心をうまく伝える事になるのだ。口説き落したい相手にもその感情を分かってもらえる事になり、恋愛対象になります。

口説きたい人に費やしたり(お金、加えて心身的、時間的)すれば男性はそうして投資した相手を好きになる時が多い。それどころか、否が応でも好きになるしかなくなるだろう。
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

相手が沈み込んでいる時はそれこそモノにしたい





鏡をずっと見ている男性は自分の容姿に自信がない時が少なくない。だからこんな自信のない人には自信を持てるようしっかり「かわいいよ」「いい表情だよ」と言葉で伝えてあげるのが肝心。

いわゆるイケメンは実際、「軽そうだよね」「いつでもモテてるんでしょ」「いつでも出会いあるよね」と想像されて全然モテない。恋人探しをしている女性の未来の恋人から削除される事が通常です。

モノにしたい相手が沈み込んでいる時はそれこそモノにしたい相手の心をキャッチするありがたいチャンス!声の使い方を分けろ!高い声は元気を与える事ができ、低い声を使えば相手にホッとする感じを与えます。

結婚できようができまいが、本気で愛していられるのが本当の恋なのです。もしかすると別れはやってくるだろう、それでも離れる事ができないという感情が本当の愛情なのです。

親しくなりたい異性の“付き合っている女性の有無”をそっと確かめる事ができる手順を紹介します。1軽く買い物などに連れ出してみる。その他は2うまく「ねえ、特定の女性とはそんなに外出しないの??」と聞いてみなさい。

女性が話をしている時なのに、枝毛を見つけているような仕草をした事ではありませんか?もし相手が男性ならば、どうにかして緊張をほぐそうとしている、つまり、愛していると思っている見込みだって十分考えられる。

その吐息に触れるなんでもかけがえのないものに変えてしまう、恐ろしい愛の魔力と言う事。まるで、暖かい光で黒い雨雲までも美しいものに変化させる太陽のような魔力みたいだ。

恋をしている人は、ずいぶん近くに、だがしかしどんなに夢見ても自分には届かないつかみきれないほどの幸福があるような予感がする。それのみかその幸せは、たった人つの言葉、そして人つの笑顔にのみ震えるのである。

恋愛をする女性にとってはとても大切な生活のプランでなければならない。男性ならば自分の一生の学ぶべき専門なり職業なりを選択するがごとく真面目な感情で相手となる人を選択するべきである。

特別な人でなければ恋愛というもののとらえ方を「愛する立場」という立場としてや、「愛する能力の評価の問題」としてではなく、「人から愛される」という問題として認識しているのだ。
 カテゴリ
 タグ
None

チャンスを捉える事





恋人づくりにおいて欠かす事のできない大事な事がらは何ですかと知りたがっている人がいれば、私なら、チャンスを捉える事と答える。第二も同じ、第三も変わらない絶対にそれだ。

行きつけのカフェでお茶とかケーキを前にして、「私とあなたって、どんな二人に見えてるのかな」と恋人にそっと聞いてみて。突然こんな話を聞かされた彼氏は、びっくりするのに違いない。

よく鏡を見ているような人は自分に自信がないという時もあるみたい。そんな異性にこそ自信を持てるようしっかりと「かわいいよ」「スマートだよ」と励ましてあげて。

恋人をいとおしく思う感情が減るにしたがってなんとオキシトシンという物質が体の中でわずかに分泌され、物質の影響で体が硬くなる。女性の手を握って柔らかさを感じなければ異性を愛する感情がなくなった裏付けかもしれない。

男性は射止めたい人が自分に向かって話しをしているときに話をしている相手の目を見る事が多い。話しかけた時にその人の瞳をゆるぎなく見てくれるかどうかが、気になる異性なのかどうかの分かれ目です。

「今の時代の若者は求めれば何でも入手できる」と常に評される。そうはいうものの、ほしいものは何でも手に入れる事ができる」というのは大きな見当違いだ。完璧な彼氏あるいは夫または彼女あるいは妻はめったあ事では掴み取れない。

特別な人でなければ居所の数メートル以内に恋人がいる。自分のオフィスや日常通っている道路など自分の数メートル以内をよく探して、近づきたい異性にすぐにチャレンジする事!

パートナーの「愛している様だ」の本当の意味には普通「自分の事を愛して下さい」が混ぜ込まれている。愛の真実は慈しみあうふりをしていても、実情は相手から奪い合うものだ。

いわゆるバッドボーイズ理論を御存じか。それは普通のときにはやさしさに欠け、年中パートナーをを乱暴に扱っているのに、時たまにのぞかせる優しさで恋人の女性は心が動かされるという現象なのである。

恋愛(れんあい)というのは、人間が異性に対してもつ非常に情緒的で親愛の情のある間柄を欲する感情で、その感情以外に、その相手に対する感情に基づいたさまざまな恋慕で一杯になった態度や振る舞いを伴う事がしばしばある。
 カテゴリ
 タグ
None

愛する人ができた時短期間のうちにまわりに分かってしまう事も





「犬好きで犬タイプ」を自負している人は、まわりからすれば恋する感情がすごく分かりやすい人だといえます。愛する人ができた時、短期間のうちにまわりに分かってしまう事も。

二人のキスの時間が短くなったと感じたら感情が離れている裏付けかも?!どんな言い訳をしても、体は本当の事しか言えません。変化を感じたら慎重に聞いてみるべき。

通常女性は聞いている事よりも話役になる事が好き。女性を差し置いてやむ事なく喋り続ける男性は完全にKY。KYにならないよう常に話す事が好きな女性に話すよう促す事が大切。

近づきたいヒトとデートのとき、座った席で、さりげなく自分との間に荷物なんかをもし置くのなら、それは拒絶の心の表れ。今は心は見せられていない手がかりなのである。

女性は聞き役になるよりも話をしているほうが好き。女性の話を聞かずに自分の話だけをとめどなく喋り続ける男性はどうしようもない間抜け。周りを見て絶え間なく話を聞いてもらうのがうれしいな女性に問いかけ続ける事が大切。

「当たるって聞いた運勢占いの結果じゃ、俺たち二人って相性が抜群だって」と言ってみるといい。素敵な言葉を声にして確認する事で「自分たちは間違いなく相性がいい」という信じ込ませる効き目が思われる。

親しくなりたい男の人が何か飲み物をのんだら、あなたも飲む。頭を右手でかいたら、自分も右手でかく。足を組みかえたら、自分もすぐに組みかえる。こんな具合に観察して真似を続けているだけでハートを射止めたい相手に親近感がわくのが当然である。

モテなくても、単純なマル秘テクニックを教えます。答えは「笑顔」です。いい笑顔を見せて下さい。きっと1どんどん人が寄ってくる、2異性からとても魅力的的に見える、3話しやすい優しい雰囲気がでるものである。

大勢でデートのとき、ドライバーのポジションは何があっても譲ってはダメ!自分の隣に惚れさせたい相手を座らせてあなたと水入らずのエリアを作りなさい。自分の財布から支払いを頼めばあなたと彼女の共同作業がそこに始まる。

「近頃の若い人たちはどんなものでも手に入るからどうだこうだ」と常に言われる。けれど、ほしいものは何でも手に入る」というのは相当の間違いだ。ベストの彼氏あるいは夫であったり彼女あるいは妻は普通は出会えない。
 カテゴリ
 タグ
None

気になる人との間にものを置かない





横長のテーブルせきの時、席が目の前なら、射止めたい人の前のテーブルの上にはよけいな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。よけいな物があるとその人にプレッシャーを感じとらせるという結論。

これは注意をしましょう横長のテーブルせきの時、席が目の前になったら、陥落させたい人と自分の間にはいろんな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。さえぎる物があるとせっかくなのにプレッシャーを感じとらせるものなのだ。

男性の涙は女の子のハートをひきつける事ができる可能性はあるが、時によっては「とても魅力的の無い弱虫」に違いないとレッテルを貼られる予想外の展開になる恐れも覚悟が必要かも。

たいがいガードの堅いといわれる女は、いつでも理想的な男性が出現してもなんとしても輪の中に入れず、あなたと彼の二人のチャンスを邪魔してやろうとしているのだ。

「常に自分だけで単独で活動しているような女性」は『誰もいない人りの世界を邪魔したら許さない』という重たい無言の威圧するような空気があり、決して近づく事が許されない心に感じる。

どうしても恋愛できないのは、自己評価を高くしすぎているはっきりとした証拠。自己評価を高くしすぎていると恋愛までの間にあるハードルを越えにくくしている。自分自身の評価が高すぎないよう注意している人は、恋人までの間にあるハードルを下げているという結果。

二人が顔を見る回数が増えていくと女性は貴方の事をますます好きだと感じるようになる。実は実証済みの基本的な女性の心理学理論が知られている。短い朝のあいさつだけでも、忙しくても1日1回は、顔をあわせよう!

「笑顔、つまり肯定している」という意味。話しかけてくれている人の自分を肯定してほしいという欲求を尊重して満たしてあげる事ができる高度なテクニックといえる。あなたの話した冗談や話を聞いてくれた人が笑っていただけたら嬉しいに決まっている。

実はSNSや出会い系サイトからが初めての出会いという方が、深い関係に発展する期間がとても短い。素の自分を見せて知り合った関係なので本人同士が会ったときに、心をさらけ出しやすいからだと思われます。

「常に人りきりで単独行動しているというという女性」は『気に入っている人りの世界を邪魔したら許さない』というかたくなな無言の威圧するような気配があり、近づく事が許されないイメージである。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 恋愛相談 - 恋愛・婚活まとめ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます