横長のテーブルせきの時、席が目の前なら、射止めたい人の前のテーブルの上にはよけいな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。よけいな物があるとその人にプレッシャーを感じとらせるという結論。

これは注意をしましょう横長のテーブルせきの時、席が目の前になったら、陥落させたい人と自分の間にはいろんな物(携帯や手帳それと水など)を置いちゃあいけない。さえぎる物があるとせっかくなのにプレッシャーを感じとらせるものなのだ。

男性の涙は女の子のハートをひきつける事ができる可能性はあるが、時によっては「とても魅力的の無い弱虫」に違いないとレッテルを貼られる予想外の展開になる恐れも覚悟が必要かも。

たいがいガードの堅いといわれる女は、いつでも理想的な男性が出現してもなんとしても輪の中に入れず、あなたと彼の二人のチャンスを邪魔してやろうとしているのだ。

「常に自分だけで単独で活動しているような女性」は『誰もいない人りの世界を邪魔したら許さない』という重たい無言の威圧するような空気があり、決して近づく事が許されない心に感じる。

どうしても恋愛できないのは、自己評価を高くしすぎているはっきりとした証拠。自己評価を高くしすぎていると恋愛までの間にあるハードルを越えにくくしている。自分自身の評価が高すぎないよう注意している人は、恋人までの間にあるハードルを下げているという結果。

二人が顔を見る回数が増えていくと女性は貴方の事をますます好きだと感じるようになる。実は実証済みの基本的な女性の心理学理論が知られている。短い朝のあいさつだけでも、忙しくても1日1回は、顔をあわせよう!

「笑顔、つまり肯定している」という意味。話しかけてくれている人の自分を肯定してほしいという欲求を尊重して満たしてあげる事ができる高度なテクニックといえる。あなたの話した冗談や話を聞いてくれた人が笑っていただけたら嬉しいに決まっている。

実はSNSや出会い系サイトからが初めての出会いという方が、深い関係に発展する期間がとても短い。素の自分を見せて知り合った関係なので本人同士が会ったときに、心をさらけ出しやすいからだと思われます。

「常に人りきりで単独行動しているというという女性」は『気に入っている人りの世界を邪魔したら許さない』というかたくなな無言の威圧するような気配があり、近づく事が許されないイメージである。
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None